【Redmine】Redmineのインストール手順

Redmine

参考

Redmine2.3のインストール手順について http://blog.redmine.jp/articles/2_3/installation_centos/

Redmineのアップグレードについて http://redmine.jp/guide/RedmineUpgrade/

Redmineのインストール

前提

Rubyのインストールは済んでいるというのが前提 Rubyのインストールについては—–https://gist.github.com/knife0125/5312273

必要モジュール群のインストール


    # 開発ツールをグループインストール
    yum groupinstall "Development Tools"

    # RubyやPassengerのビルドに必要なツールのインストール
    yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel

    # MySQL関連のインストール
    yum install mysql-server mysql-devel

    # Apache関連のインストール
    yum install httpd httpd-devel

    # ImageMagickと日本語フォントのインストール
    yum install ImageMagick ImageMagick-devel
    yum install ipa-pgothic-fonts

Bundlerのインストール


    # bundlerのインストール
    gem install bundler

MySQLの設定


    # MySQLの文字コードの設定を編集
    cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.origin
    vim /etc/my.cnf
        [mysqld]
        + character-set-server=utf8

        + [mysql]
        + default-character-set=utf8

    # MySQLの起動と自動起動の設定
    service mysqld start
    chkconfig mysqld on

    # mysql_secure_installationで、MySQLインストールの初期設定を行う(Rootパスワード設定など)
    mysql_secure_installation
        Change the root password? [Y/n] Y                # 新しいパスワードを設定
        Remove anonymous users? [Y/n] Y                  # 余計なユーザを削除
        Disallow root login remotely? [Y/n] Y            # Remoteからのroot権限アクセスはセキュリティ的に禁止
        Remove test database and access to it? [Y/n] Y   # testDBは要らないので削除
        Reload privilege tables now? [Y/n] Y             # たぶんリロードしといて良い


    # MySQLの設定を確認
    mysql -u root -p
    mysql> show variables like 'character_set%';
    +--------------------------+----------------------------+
    | Variable_name            | Value                      |
    +--------------------------+----------------------------+
    | character_set_client     | utf8                       |
    | character_set_connection | utf8                       |
    | character_set_database   | utf8                       |
    | character_set_filesystem | binary                     |
    | character_set_results    | utf8                       |
    | character_set_server     | utf8                       |
    | character_set_system     | utf8                       |
    | character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
    +--------------------------+----------------------------+
    8 rows in set (0.00 sec)


    # Redmine用ユーザとデータベースを作成
    mysql> CREATE DATABASE db_redmine;
    Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

    mysql> GRANT ALL ON db_redmine.* to user_redmine identified by 'パスワード';
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

    mysql> FLUSH PRIVILEGES;
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

Redmine本体のインストール


    # Redmineをダウンロード
    svn co http://svn.redmine.org/redmine/branches/2.3-stable /var/redmine

データベースの設定


    # データベースの設定
    cp /var/redmine/config/database.yml.example /var/redmine/config/database.yml
    vim /var/redmine/config/database.yml
        [production]
            - database: redmine
            + database: db_redmine
            - username: redmine
            + username: user_redmine
            - password: ********
            + password: [先ほどDBで設定したパスワード]

設定ファイルの作成


    # configuration.ymlの作成(configuration.yml.exampleが存在するが、不要な項目も多いので作成する)
    vim /var/redmine/config/configuration.yml
        + production:
          + email_delivery:
            + delivery_method: :smtp
            + smtp_settings:
              + address: "localhost"
              + port: 25
              + domain: 'redmine-knife0125.jp'

          + rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf

必要なGemパッケージのインストール


    # Gemパッケージのインストール
    cd /var/redmine
    bundle install --without development test

    # Redmineの初期設定とデータベーステーブルの作成
    bundle exec rake generate_secret_token
    RAILS_ENV="production" bundle exec rake db:migrate

Apache, Passengerなどのインストール・設定


    # Passengerのインストール
    gem install passenger

    # PassengerのApache用モジュールのインストール
    passenger-install-apache2-module

Apacheの設定


    # Apacheの設定
    # Passengerの設定を追加
    vim /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
        + # Passengerの基本設定。
        + # passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用
        + LoadModule passenger_module /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p429/gems/passenger-4.0.5/libout/apache2/mod_passenger.so
        + PassengerRoot /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p429/gems/passenger-4.0.5
        + PassengerDefaultRuby /usr/local/rvm/wrappers/ruby-1.9.3-p429/ruby

        + # Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
        + Header always unset "X-Powered-By"
        + Header always unset "X-Rack-Cache"
        + Header always unset "X-Content-Digest"
        + Header always unset "X-Runtime"

        + # 必要に応じてPassengerのチューニングのための設定を追加(任意)。
        + # 詳しくはPhusion Passenger users guide(http://www.modrails.com/documentation/Users%20guide%20Apache.html)をご覧ください。
        + PassengerMaxPoolSize 20
        + PassengerMaxInstancesPerApp 4
        + PassengerPoolIdleTime 3600
        + PassengerHighPerformance on
        + PassengerStatThrottleRate 10
        + PassengerSpawnMethod smart
        + RailsAppSpawnerIdleTime 86400
        + PassengerMaxPreloaderIdleTime 0

    # Apacheに設定を反映
    service httpd configtest
    service httpd restart

RedmineのディレクトリをApache所有権へ


    # redmineディレクトリの所有者をApacheへ変更
    chown -R apache:apache /var/redmine

サーバアクセスをRedmineへ振り分け

今回はサーバ自体をRedmineサーバとしたため、DocumentRoot自体をredmineにする。


    # httpd.confのDocumentRootをredmineへ変更
    vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
        - DocumentRoot "/var/www/html"
        + DocumentRoot "/var/redmine/public"
    # httpd.confの変更を反映
    service httpd configtest
    service httpd restart

Redmineへブラウザからアクセス

ブラウザからRedmineサーバへアクセス この段階で何のデータやプロジェクトも持っていないRedmineが表示されていればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>