【R, 開発環境構築, Mac】Mac OSX LionでのR開発環境構築

R

前提

MacOSX Lion 10.7.5での開発環境構築を行っています

参考

R Official
Rjp Wiki(Rの日本語Wiki)
R でプログラミング:データの一括処理とグラフ描き

Rのインストール

HomebrewでRの処理系をインストール

    brew update
    brew install gfortran
    brew install R
    [sudo] ln -s "/usr/local/opt/r/R.framework" /Library/Frameworks

RStudioをインストール

RStudioはR用のIDE(統合開発環境)

RStudio Official

RStudioで動作を確認

RStudioサンプル画像
RStudio1

ファイル記述でhello world

左上のファイルへ以下のコードを記述

    cat('hello world')

コードを書いた部分の上部メニュー「Run」を選択 →左下のコンソールに hello world が表示される

コンソールでdemoを実行

左下のコンソール部分でもコードを即時実行できる 下記コードで、例えばgraphic描画のデモプログラムを実行でき、 描画されるグラフは右下のブロックPlotsタブに表示されたりする模様。

    demo(graphics)

とりあえずは以上のようなところかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>