【TED】ビル・ゲイツ「教師へのフィードバックでもたらせる変化」

私的要約:

 教師という仕事には、その仕事の良し悪しへのフィードバックと、ベストプラクティス的なものを見聞きする機会がまったくと言って良い程存在しない。
 しかし、例えば授業を録画して見直すことなどにより、自身の授業内容や方法への反省を行ったり、良い授業方法とは何かを体系化していくことはできる。
 そのような手段を実際に講じるために、ゲイツ財団の見積もりでは50億ドルの費用が必要だと見積もっているが、実はこれは教師へ支払われる給与総額の2%に満たない額でしかないため、莫大な額という訳ではない。
 ゲイツ財団ではすべての教室がこのようであることを目指している。

私的感想:

 これは日本の事例にあてはめてもそうだろうと思う。
 教師が自身の授業を映像として見直す環境はないだろうし、教師同士のピアレビュー環境が存在するのは教育実習の時くらいだろう。
 具体的な方法論としてゲイツ財団のやり方がどうであれ、教師毎の教育内容と教育方法、総じての教育効果の検証と同時に保証は本来あってしかるべきであろう。
 それは教育をサービスとして捉えるからという理由ではなく、少なくとも初中等レベルの教育が義務教育であり平等性を根本的に担保する必要があるという理由からに他ならない。
 教師自身が行う授業の録画によるフィードバック、教師同士のピアレビュー、模範的な教育・授業戦略を体系的に織り込んだベストプラクティスのパターンなど、教師に対するフィードバックシステムの構築がもたらす教育活動への影響は疑うべくもないだろう。

 教育心理学とか学習心理学の研究の中にも、学習者の学習効果を指標とした研究のみならず、教師の教育方法の向上効果を検証指標とする研究はもっとあっても良いと感じた。少なからずありそうだけれども、機会があればチェックしてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>