タグ別アーカイブ: クリーンエネルギー

【TED】ジェニファー・グランホルム「クリーン・エネルギー計画 — トップへの競争」

私的要約:

 冒頭で三つの問題について話すといっていたが、二つの問題と、二つ目の問題への話者の意見という形だったように思う。
 まずは一つ目の話題だが、アメリカ国内での雇用問題についてだった。
 アメリカ国内では、賃金の安価なメキシコなどへの工場移転が沢山あり、そのことによってコミュニティレベルでの失業者が発生するというような自体が当たり前に起こっている。それを政治的にどうにかすることができないのか。
 二つ目の問題として、環境技術についてアメリカは中国を筆頭に外国に遅れをとっている。ではこれを政治的にどうにかすることができないか?
 そしておそらく三点目の話題が、話者のこれらへの対応策が述べられ、オバマの教育の州単位の競争戦略に倣い、州単位で環境エネルギー問題への競争的な取り組みを促進する政策を取れないかというもの。
 非常に具体的に、東部州では海上風力発電について、北西州などでは地熱発電、南部州ではバイオ発電など、それぞれの州ごとに強みを伸ばしながら競争的にクリーンエネルギーの導入を行い、それによる雇用も創出できるだろうという話を展開している。
 そして、政策的にそれが難しくても、ボトムアップで企業が連携したりTEDの聴衆が協力し合うことでそういったパワーになることができれば素敵ではないかと訴えている。
 最後には、2030年までにクリーンエネルギー率80%を標榜しているし、国際的にその分野で遅れを取っていると皆が実感している状況で、その競争にコミットしないて静観するよりはコミットする方が良いでしょ?と。
 それが話者の訴えであった。

感想:

 アメリカがクリーンエネルギー関連では、太陽光パネル等は完全な輸入依存で他国に遅れを取っている意識を持っているらしいというのは新鮮だった。
 また、アメリカの話になると、人種の混ざり合った中で弱者としてのヒスパニックなどへの観点が他国の我々からすると強くなるが、よくよく考えてみれば日本が介護労働などをフィリピン人に委託したり、企業の工場を東南アジアに移動したりすることで、国内雇用力が空洞化するのと同様のことが、アメリカでも起こっているのは自明のことであったのだが、そこに着眼できてなかったことに気づけたのもある種新鮮。
 なんか最近はTPPにかこつけたアメリカの日本への不平等条約押し付け感とかに苛立ちばかり感じていたが、なんか少しアメリカに対し優しい気持ちになれた。
 とはいえ、許すまじきTPP秘密交渉TPP圧力感はあるが。