タグ別アーカイブ: 雑記

Webや情報技術が人類の歴史にもたらした意義について

久しぶりにいろいろと考え事をするに至ったので綴る。
ずっと考え続けているWebや情報技術が人類の歴史にもたらした意義について。
というのも5年くらい前に考え続けていたことを思い出させてもらえるような人に仮想的に再会できたというキッカケがあり。けっこうリアル涙目レベルに嬉しい。。。

Webが人類の歴史に与えた最たる影響ってけっこう一言で表せるなと思ってて。
それは、
「文化など社会的なもののライフスパンが、個々の生命としての人間のライフスパンより短くなった」ということだなって思ってて。
で、これって実は人類の歴史上初の状況だなって思っています。

生まれた時に準拠している社会集団の文化に順応してしまえば、わざわざ個人としての自己のあり方を根源的に覆す必要なく生を全う出来たという前提がまかり通っていたのが最近までだったけど、
それらが根本的に覆った状況が生まれたなっていうのは実はWebが普及してきたこの20年くらいだったりするなと(もちろん革命や戦争によって文化摩擦は常に起こってるから、結局歴史上誰も一つの文化集団に安住して生きて来れたやつなんかいねーよって言われたら、確かにそうかもって思う訳ですが)。

で、じゃあそういう状況を作ったWebが作り出した根本的な要因って何なの?ってことを考えると実はそれは二つに集約されると思っていて、
・不可視だった情報が可視化されやすい状況が作られた(言いたければロングテールとか呼べばよいけど)
・可視化された情報が圧倒的なスピードで流通するようになった(コミュニケーションスピードが上がったと言っても良いし、言いたければコモンズの発想とかで呼んでもよいけど。というかコモンズとか呼ぶ人と視座は圧倒的に違うところから書いたけど、実は指してるのはほぼ一緒のことだと思ってる。リソースを圧倒的になめらかに流通させられると、それって共有してると呼べるでしょ的な話で)
の二点じゃないかなってずっと思ってたりする。
(ビッグデータとかも二点目をより効率よくするための方法論でしょ的なノリで、もっとシンプルに可視化する価値のあるものってたくさんあると思うから、方法論にかまけて大事なこと忘れないようにしたい)

黎明期のECなんて、リアルな情報をWebで可視化して高速に流通させただけだし、
最近のCtoCとかでもAirbnbとかUberとかでも、不可視だったリソースを可視化して高速で流通させていて、
もちろんクラウドソーシングなんて言うまでもなく、不可視で取り扱えなかったリソースを可視化して高速流通させていて、
あとなんだろ、Storys.jpとかもある種個々人の経験とかエピソードのような不可視リソースだったものを可視化した上で流通させている訳だったりするなと思ったりしてる。

で、ある程度Webが成熟してくるにつれて、
リソース化が想像しやすいものはもはやリソース化するのが大変になってきているし、
単純にリソースとして想像され辛いものは、「こういう風に見たら価値があるよね」っていう広義のUXとか体験含みで提供されないと、価値として人に提供しづらくなってきてる。

こう考えると逆に価値があるものってなんなの?って話はすげー簡単で、
「不可視だったものを可視化して、そして流通できるようにして、それだけじゃ価値を伝えられないから独特の体験を付加して価値を伝えやすくしようぜ」
っていう三つのポイントを押さえればよいってことになる。
こういうことって抽象的に考えても意味がないからあれだけど、本質としてはそんなに外してないと思う。

で、ここから具体を考えるプロセスは持論だし人によって思考プロセスは違う気がするけど、
二つの意味での「どこ」を考えると結構具体化って簡単な気がしてる。
一つ目は、物理空間的な意味での「どこ」で、可視化したいものがどこにあってそれをどこに流通させたくてどこの人に伝えたいのかってことで、日本でとかアジアでとかアメリカでとかの思考になるのかなって思う。
二つ目は、意味空間的な意味での「どこ」で、不動産情報というものなのかアプリ情報というものなのか泊まる場所ということなのか知識なのか労働力なのかみたいな、どのような意味での「どこ」みたいな。

なんかマーケティングかなんかのポジショニング論みたいな話持ってきたらそれでオールOK、みたいな話になってきてる気がしてきたけど、まぁ別にそれ専門じゃないし今日なんか考え事する上では自己満で良いからこれで良いや。
いずれにせよ僕がやりたいことの「どこ」は、物理的にも意味的にもとりあえず決めてる。

ともあれ、話が元の方に戻って、Webが人類史に与えた歴史的に初めてのインパクトの話はけっこう本気でそう信じていて。
もし本当にそう言えるのであれば、今って歴史上結構想像だにできない程の地殻変動まっただ中で未来なんてどんなに妄想しても妄想しきれませんなレベルだと思うし、
文化や社会を静的なものと捉えられない実情が生まれているが故に、静的な意味での社会契約論ではない動的な社会契約論みたいな話にリアリティを感じるし(鈴木健さんの『なめらかな社会とその敵』とかは読んでないけどそういう内容のはず。そもそもPICSYとかって同様の思考プロセスを踏む実験経済学的構想だったはずだし)、
妄想しきれない未来社会の理念型を描ききることよりは、動的な変化をベースに社会を記述する方法論となりえる(ように見えた)ニクラスルーマンの「社会システム理論」なんてものを研究対象にしてたんだなぁとかいろいろと懐かしい。

そんなこんなで、
短距離走が得意な人と長距離走が得意な人がいるのと同じで、
数年から数十年のタイムスパンが得意な人と、数百年とか数千年のタイムスパンが得意な人が居るなと。
僕は後者であること半端ない。

とはいえ、『なめらかな社会とその敵』という著書で数百年先の可能なる民主主義の一理念型を描きながら、
IPA未踏の天才プログラマに選出されるようなプログラマでもあり、
しかもSmartNewsの取締役も務めているような鈴木健さんとかは本当に超人だなって思う。
数百年のタイムスパンを持ちながら、数年後を見据えた思考を行い、それをプロダクトに落とせる。
本当に歴史を次を導ける能力を持ってる人っていうのは最低でそのレベルだなって思うので、
僕の存在価値はどこにあるねんって思って、急にネガティブになりました。

4時や。どこまでいっても社会の側から思考するクセ抜けないなぁ。
あとこれ明日になったら結局後悔するパターンの文章だわ。。